観光

【期間限定イベントあり】高千穂峡おすすめ観光スポットと周辺駐車場まとめ!

どうも!けどうぃんです。

高千穂峡って知っていますか?高千穂峡は宮崎県に位置する観光名所の一つです。

高千穂峡といえば、観光ブックでこんな写真を良くみかけますよね。

わたしが行った時期は夏の終わりだったので、紅葉は見れませんでしたが、とても絶景でした。

また、高千穂峡へは車で観光に来る方も多いですよね。車で来たときに困るのは駐車場があるのか不安になる人もいるのではないでしょうか。

福岡からのアクセス方法についてはこちら>>【アクセス】福岡から高千穂峡ってどうやっていく?福岡から行き方まとめ!

そこで今回は、高千穂峡の観光名所と駐車場をまとめたので参考にしてみてください。

このような人におすすめ

・高千穂峡の観光名所を知りたい人
・高千穂峡周辺の駐車場を知りたい人
・お得に泊まれるホテルを探している人

*お得に泊まれるホテルを探している人は、ページの最後の方に紹介しているのでそちらまで猛スクロールしてみてください。

高千穂峡の駐車場はどこがおすすめ?

高千穂峡は観光シーズンになると観光客で大変賑わいます。そのため、高千穂峡周辺の駐車場は3つあるのでそれぞれ特徴と料金などをご紹介します。

滝まで一番近い!御塩井(おしおい)駐車場

御塩井駐車場は、高千穂峡メインの駐車場になりるのであまり歩きたくない人におすすめ。また、高千穂峡のシンボルである真名井の滝を見れるスポットにも近いです。

高千穂峡の駐車場の中で最も料金が高いですが、高千穂峡のボート乗り場にも近い場所になります。

週末や大型連休は混雑がとても激しいので午前中の早めの時間帯がおすすめ

住所 62, 向山 高千穂町 西臼杵郡 宮崎県 882-1103
料金 500円/約40台

自然を楽しみながら散策も出来る!あららぎ駐車場

真名井の滝などへの観光名所へは駐車場から遊歩道を通って少し歩きますが、高千穂峡の大自然を肌で感じることが出来ます。

階段や坂など少しありますが、いきなり真名井の滝を見るよりも景色を楽しみながら遊歩道を通っていくので、真名井の滝を見たときの感動はより感動しますよ(*‘∀‘)

駐車場すぐ横にあるあららぎ茶屋ではおいしいと評判の食事処。テラス席から高千穂峡を一望できる人気の場所となっています。

住所 〒882-1102, 1245 押方 高千穂町 西臼杵郡 宮崎県 882-1102
料金 300円/約50台

少し遠くても無料で止めたいなら大橋駐車場

真名井の滝などへの観光名所へは、駐車場から遊歩道を約20分~30分ほど歩いていきますが、散策コースとして楽しむにはおすすめです。

ただし、駐車場から遊歩道までは階段が多いので注意。

また、大型連休は基本的に大橋駐車場に止めることになるので、ツアー参加者も多く利用している駐車場です。

帰りは坂を上っていくので、夏場はとにかく暑いです。水分補給のため、必ず飲み物は持っていきましょう。

住所 〒882-1100 宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井御塩井
料金 無料/約30台

高千穂峡有名観光スポット

それでは、高千穂峡おすすめの観光名所をご紹介します。

ボートに乗って絶景が楽しめる!高千穂峡!

高千穂峡といえばこの渓谷が観光ブックなどで紹介されていますよね。そしてここでは貸しボートに乗って下から滝を見ることが出来ます!(水しぶき半端ない)

わたしが行った際に、ちょうど家族連れのボートが一隻転覆して一時期「ボート乗船中止」となっていていました。

「一隻転覆ってまじか…」とびびり&落ち込んでいましたが、少し待つと乗船が再開されて無事に乗るれることに(゚∀゚)<でもこわい>

しかし、スタッフによるとボートはドタバタと暴れない限り転覆することはないそうなので安心してください( ;∀;)<良かった>

そして、無事にボートに乗り、景色を楽しんでましたが、滝の前になると写真撮影のためにボートがごった返し状態になっていました。ボート漕いでる人はなかなか大変そうでした。わたしは、ただ写真撮ってるだけで知らぬふり(゚∀゚)(笑)

滝はやはり上からみるより下から眺める滝は迫力があり、滝近くになると水しぶきがあって爽快でした!ただ冬だとちょっと寒そうなので厚着していった方がいいかもしれません。

わたしは夏に行きましたが、秋だとここの紅葉が色づいてとても素敵になるそうです。ボートに乗ってぜひ絶景を楽しんでください。

アクセス 〒882-1103 宮崎県西臼杵郡高千穂町向山
貸しボート営業時間 8:30~17:00(最終受付16:30)
料金 2000円/30分

300円/延長料金10分

高千穂に来たら夜神楽は必見!高千穂神社!

次に紹介するのは高千穂神社。約1900年前に創建された歴史のある神社です。こちらの神社では、夜に「夜神楽(やかぐら)」という催しが開催されています。

夜神楽は毎年11月中旬から2月上旬まで開催されています。期間限定の催しですが、「その時期に行けない…」という人でも毎日”高千穂道楽”という夜神楽の1時間のショートバージョンがあってます。

実際の夜神楽は夜から翌日の昼まで舞い続けるらしいのですが、ショートバージョンで結構もう満足しちゃえました。。(笑)

「夜通し舞を楽しみたい!」という人はぜひ時期を合わせて観に行ってみてはいかがでしょうか(*’ω’*)

住所 〒882-1101 宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井1037
営業時間 20:00~21:00

受付時間/19:00

日時 毎日

鉄橋の上からの絶景に感動!あまてらす鉄道

平成17年に台風の影響で廃線となった旧高千穂鉄道。その線路をあまてらす鉄道オリジナルのスーパーカートに乗って雄大な景色を楽しむことができます。

夏休みの時期になるとすぐに売り切れてしまうそうですが、今回は平日に行ったのですんなんりと乗れることが出来ました。

乗車時間は約30分。どんな景色が待っているんだろうとわくわくしていました。夏の終わるの頃に行きましたが、まだまだ暑かったので乗車中は風が吹き向けてとても爽快でした!

途中、トンネルがあって「イルミネーションをお楽しみください」とのアナウンス。

一体、どんなイルミネーションなんだろうと思っているとこんな感じでした。(手作り感満載)しかし、無機質なトンネルをずっと眺めるよりも光が当たって意外と綺麗でした(/・ω・)/

おっちゃんの後ろのライトから発光してます。ついでにおっちゃんも光ってます。

終点は鉄橋の上になります。そこから眺める景色はとても雄大で気持ち良かったです。高所恐怖症の方は、嫌かもしれませんが、、

しばらく停車するので、その鉄橋の上でしばらく止まって写真を撮影したり、景色を眺めたりすることが出来ます。

ここでもお客さんを楽しませるようにシャボン玉をたくさん飛ばしたりと工夫がありました。

アナウンスをするおじさんも宮崎弁でとても訛ってましたが、その訛りも聞いているとなぜかクセになりずっと聞いていたくなります(笑)

鉄道で景色を眺めるだけでなく、乗車客を楽しませる工夫がいろいろとあって面白かったです!雄大な景色と宮崎弁訛りを聞きたい方はぜひ乗ってみてください!(笑)

運航中は風が強いので、帽子はとっておいた方がいいです。また、身を乗り出し過ぎには注意しましょう!

 

住所 〒882-1101 宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井1425−1
運行時間 9時40分~15時40分

*3月1日~11月30日までの土・日・祝日・GW・夏休みは9時から運行開始。

受付時間 9時25分~15時25分

*3月1日~11月30日までの土・日・祝日・GW・夏休みは8時40分から受付開始。

料金 1300円(高校生以上)

800円(小中学生)

400円(未就学児)

駐車場 有り/15台(無料)

高千穂峡のホテルを探すなら「日本旅行」がおすすめ!

以上、高千穂峡周辺駐車場とオススメ観光スポットを紹介しました。

高千穂峡でのホテルを探すなら、旅行会社の老舗日本旅行がおすすめです。今回の旅も日本旅行から予約しましたが、他のサイトよりも安く予約することが出来ました。

ホテルもご飯もボリューミーで食べることが大好きなわたしは大満足でした。

パック旅行の種類が豊富ですが、ホテルや旅館のみの予約ももちろん可能です(^ω^)v
年末・年始の特集や冬旅特集もしているのでぜひ参考にしてみてください。

>>【お得】高千穂峡のホテルを探す

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です